オールジャンル対応の写真・動画スタジオ|ジオ・イメージ・ワークス

イメージに近づけるために必要な情報

イメージどおりの写真に近づけるために

イメージどおりの写真に近づけるために 企業様のパンフレットやカタログに使用する商品写真によってクオリティが変わります。
イメージどおりの商品写真に近づけるために必要な情報についてご紹介します。

被写体についての情報

被写体についての情報 写真撮影スタジオでは、食品、玩具、人物など様々な被写体を撮ることができます。より魅力的な商品写真撮影には、様々な機材、カメラマンのテクニックが必要となります。また、被写体によって適している機材が異なります。
カメラマンにも得意分野があり、人物の撮影が得意、風景写真が得意、物撮りが得意など人それぞれです。撮影スタジオ側は被写体の大きさ、質感、色、形状などを具体的に把握することで、その被写体に合った機材やカメラマンを用意することができます。

写真の用途

撮影した写真は、何を目的にどんな媒体に使用されるかを明確にして、依頼していただけると幸いです。
例えば、カタログの表紙に使用する写真でしたら、他の写真よりも求められるクオリティが異なるでしょう。
カタログの顔とも言える表紙の撮影には、撮影時間が長くかかることもあります。
また、用途によって写真の大きさが異なることもあります。商品の説明のために小さなカットが必要なこともあるでしょう。
その際には、小さなカットでも見やすいような写真にする技術が必要です。
それぞれの被写体の写真がどの用途に使われるのかを明確に伝わっていることで、コストや時間のムダを減らすことができます。

写真の納期

撮影する商品の点数や、写真のカット数、納期などによってスケジュールが変わります。
撮影する商品の点数や、写真のカット数が多くなればなるほど撮影時間も多く必要になります。
それを踏まえたうえで、余裕のある納期を用意することをおすすめします。
納期ギリギリですと、それだけカメラマンの人数が必要になってしまうので、撮影料金が高くなることも考えられます。

これらの要点を依頼される際に伝えていただくことで、企業様の求める写真により近づけることが可能になります。
商品写真の撮影は、ぜひ東京都新宿区にあるジオ・イメージ・ワークスにお任せください。撮影スタジオでの写真撮影をいたします。
都内でしたら、出張撮影も承っております。料金のこと、出張撮影の範囲など気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。